葛飾区 亀有の病院・クリニック(内科・内分泌科・整形外科・泌尿器科・入院)

医療法人社団 湘南会 亀有みんなのクリニック/亀有中央病院

専門外来

亀有みんなのクリニックでは、各医師がそれぞれの得意分野を生かしてより深く病気と向き合う「専門外来」を設置しています。予約は必要ありませんが、各専門外来の診療時間や曜日が異なりますのでご注意ください。

整形外科(せいけいげか)

主に筋肉や骨の疾患に対応します。打撲や骨折はもちろん、首や腰、肩、ひざなどの関節の痛み、神経からくる手足のしびれなどの診療を行います。また、骨粗しょう症や腱鞘炎などの診療も行っています。慢性的な痛みに対しては麻酔の局所注射や関節注射、マッサージやけん引をおこないます。

膝、腰、肩、首などの痛みやしびれ

腰痛
腰椎椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、坐骨神経痛、腰痛症(筋膜性腰痛症)いわゆるぎっくり腰、脊椎分離症・腰椎分離症、脊椎すべり症(腰椎すべり症)、変形性脊椎症(変形性腰椎症)椎間板症、椎間関節症、骨粗鬆症によるもの(脊椎圧迫骨折)など。
下肢の痛み
腰椎椎間板ヘルニア、腰椎すべり症、脊柱管狭窄症、変形性股関節症、変形性膝関節症、坐骨神経痛、下肢静脈瘤、成長膝(オスグッド病)など。
肩・首の痛み
五十肩(肩関節周囲炎)、肩こり、腱板損傷(野球肩)、頸椎症、頸椎椎間板ヘルニアなど。
上肢の痛み
頚椎椎間板ヘルニア、テニス肘、野球肘、ゴルフ肘、腱鞘炎など。

これらの疾患の診断にはMRI検査が有用なことがあります。
当院では、予約なしにMRI検査をすることができ、すぐに専門家の診断・治療を受けることができます。

骨粗しょう症

「年をとって背中が丸くなった」「背が低くなった」「腰が痛い」などの症状があらわれることがあります。
閉経後の女性に多くみられ、骨がスカスカになって弱くなり、骨折しやすくなる病気です。加齢とともにその患者数は増えていきますが、最近は若い方にも食事の偏りや運動不足などが原因で骨が弱くなる可能性があります。レントゲン検査、CT検査、血液検査などで診断が可能です。内服薬や日ごろのちょっとした心掛けで治療、予防することが可能です。

リウマチ(手のこわばり、関節の変形・腫れ・痛みなど)

朝方に手がこわばる、突然指の関節が変形してきた、腫れて痛む、などの症状はリウマチの可能性があります。レントゲン検査、血液検査などで診断が可能で、正しく治療すれば症状の進行をくいとめられます。リウマチは早期発見、早期治療が大切な病気なのです。

診察時間はこちら

担当医紹介

川井 真(かわい まこと)

日本医科大学所属病院総合診療センター部長。
金曜日の整形外科を担当。救急医学の指導医であり、整形外科のほか、外傷、熱傷の専門医でもある。

大泉 旭(おおいずみ あきら)

日本整形外科学会専門医。水曜日の整形外科を担当。